昨日も一昨日もめちゃくちゃ好天だったのに、今日はみぞれ雪みたいなのがチラチラ……どちらにしろタクシー利用だったので気兼ねなく帰宅。出発前に部屋を少し片づけておいたので、帰宅して「あれ?こんなに部屋キレイだったっけ?」と不思議な気持ちに。
今朝から呼吸が浅くて不安だったけど(酸素の数値は無問題)、骨盤底筋らしき部分に力が入っていると呼吸が深くなるのに気づいて改善を心がけている。無意識にだらんとしてるといつの間にか息苦しくなってくるのです。これ、筋腫を抱えてた時は「貧血判定出てないけど貧血で息切れしてるのかな?」「筋腫が圧迫して肺の動きが小さいのかな?」と思ってたけど、筋腫15センチ超えしたあたりから腹の苦しさを逃がすために骨盤底筋のあたりを緩める癖がついていたんだよね。頻尿のトイレも「間に合わん!」って時が頻繁だったし。冬場は凍結路面で転んだショックで尿が漏れたこともありました。シートつけてたから良かったけどつけてなかったらえらいことになってたはず。
そんな日々ともサヨナラです。さっぱりした!

と、ここまで書いて、昨日は寝込んでしまいました。
敗因。
寒暖差に負けた。暑いくらいだった病棟に比べ、昨日は外が寒くて、着るものもなく弟に車出してもらってしまむらで大きいサイズのスウェットパンツを買ってはいて昼寝したのだけど、起きてる時は大丈夫だったのに寝てるうちにウエストがきつく痛いような苦しいような状態になって発熱。
37.2から37.6に体温が上がり、38℃超えしたら病院に電話と思ってとにかく寝ていたら翌朝(さっき)は35.6℃になっていた。
どんなに緩く感じてもウエスト締めるのはダメですね。あるいは寝る時は腹帯かヘソ上パンツで守護しつつ、圧からは解放しないと……。

にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村